メニュー

「日越ともいき支援会」の活動報告 第9回 新宿編 | 宗教法人 日新窟

新着情報

「日越ともいき支援会」の活動報告 第9回 新宿編

カテゴリ: お知らせ 公開日:2019年12月02日(月)

日新窟『日越ともいき支援会』(医療、入管、出国支援)

今回支援させていただいた方は、元留学生のファン君、先月体調を崩して病院で診察すると、癌と診断を受けました。自身で直ぐに入管へ出頭し、次の呼び出しが11/29だったのですが、今週の月曜日に倒れてしまい、救急車で運ばれてしまいました。『多発性リンパ腫』だろうという事ですが、保険証が無いため、詳しい検査が出来なく、また毎日20万‥‥?以上医療費がかかるため、一日も早く帰国させたいから支援してほしいと、家族から連絡がありました。

 

私とタムチーで手分けして、諸々を手配しました。私は先ず入管へ連絡、病院へ行って、病院側と入管と話し合い、一日も早く帰国出来るように打合せしました。

タムチーはベトナムエアラインへ連絡、ストレッチャーで搭乗するので、エアライン側へ日程調整の交渉を重ねます。

あと、民間救急車の手配です。エアラインから、29日が搭乗出来ると連絡がきて、チケットを購入し、入管と病院へ連絡をし、本日羽田から出国することが決まりました。

病院から羽田に搬送し、ベトナムエアライン、ANAの職員の皆様、羽田空港のグランドスタッフのたくさんの皆様のお力を借りて、どうにか無事出国が出来ました。色々、ありがとうございました。

 

失踪中、体調悪くても病院にも行けず、頑張って日本で生活を送った結果、首から下が動けなくなるくらい、癌が進行してしまいました。

まだ、28歳です。

 

ベトナムに帰国して、親御さんの元でしっかり治療出来ることを祈ります。

 

 

日新窟 寺務長 吉水慈豊

Copyright© 宗教法人 日新窟All Rights Reserved. login